僕が初めて購入した愛車プリウス

僕が初めて車を購入したのは、当時大学2年生の頃でした。まだ車のことなんて無知で何も知らいない僕ですが、その中で一番、一際輝いて見えたのがプリウスです。プリウスといっても2.0プリウスのことで当時の現行型は3.0でしたから一つ世代が古いタイプになります。それでも当時、学生でハイブリッド車を乗るのはすごくかっこいいことだと思い購入を検討しました。しかし、さすが世代が古い型といえどプリウスだなと思いました。中古でさえ、金額が高く、その金額をかければ軽自動車新車が買えるほどの値段でした。それでも僕はどうしてもプリウスに乗りたかったので、購入を決意しました。そして、やはり乗るなら色々とカスタムしたいと思い販売店様に相談を行いました。すると、値段の割引にさらに車外オーディオ、HID、フォグ、アルミ、自光式ナンバーをただで取り付くて下さり、購入したときから少しカスタムされている状態で手に入りました。今でもこの2.0プリウスを大切に乗っています。

免許を所得した時から乗っていた愛車との決別

私は18歳になると同時に自動車学校で運転免許証を所得しました。車を運転する事にすごく憧れを抱いていた為か免許を所得してすぐにトヨタのBbを購入し3年間お世話になりました。免許を所得したばかりで運転になれない頃は、段差に乗り上げてしまったり、縁石に擦ってしまったりと、何かにつけては傷を作っていましたが、運転して一年を立つ頃には、運転にも慣れタバコを吸いながら片手運転をしたりと慣れをいいことにふざけた運転をしてしまったと今では反省しています。
慣れがあったせいなのか、寝不足の時に県をまだくような遠出をしてしまい、案の定居眠り運転でトラックと正面衝突し愛車は廃車になりました。私は運転には慣れている、事故なんて私はしないと、自分の運転技術を過信しとんでもないミスをしてしまったと、とても後悔をすることになりました。そんな私でと車が必要で次は絶対に事故はしない、安全運転しかしないと心に決め、中古でホンダのインサイトを購入し今では毎日安全運転で愛車と通勤しております。

車買取業者への買い取り金額の値上げ

車を1台売りました。4年半乗り、走行距離は50000キロ弱のスポーツカータイプの車でした。丁度、3月末という事で、車を求める方が多いのか業者様の食いつきは良かったかと思います。最初にインターネットで一括査定を申し込んで「完了」ボタンを押した瞬間に6社から一気に電話がかかってきました。「一度車を見せてほしい」「査定をさせてほしい」「車検証を細かく見てほしい」などの内容でした。けっきょく、私に空いている日もなく、本当はやってはいけないかもしれませんが同じ日の同じ時間に6業者様に来て頂きました。もちろん業者様みなさんがビックリしていましたが、その場で即決するとの約束をし、名刺の裏に金額を書いていただく入札方式にしました。他の方が外で会社に電話をしたり、車を見たりしている間に、A社様だけが支店長様がきていたので、こっそり玄関に入ってきて希望価格を私に聞いてきました。もちろん、私もネットである程度の金額も調べていたので、それにプラスした無茶な金額を言ったのです。苦笑いされましたが、一せいに金額を掲示してもらった時には、6社とも同じような金額を出してきましたが、A社様だけは私の言った金額プラス7万してありました。A社様にの金額が一番高かったので即決しました。